旦那がいやなんです!

40代の女性が、目の前のいすに座るといきなり

『旦那がいやなんです!』

あまりにストレートに、はっきりと言われるので驚きました。小学生のお子様二人いて、専業主婦の方でした。毎日、旦那様が仕事から帰ってくる時間が憂鬱で、同じ空間で過ごすのがつらいそうです。急にそういう風になった訳ではなく、長年の考え方の違いとのことです。子どもと遊んでる姿も、声が聞こえるのもイライラしてしまう。かなり深刻そうでした。離婚の意思はなく、どうにかして改善したいようでした。
私が思うのは、ご主人様を選ばれたのはご相談者であり、毎日なに不自由なく過ごせているのは、ご主人様のおかげかと思うのです。生活しているすべての支えは、ご主人様がいてこそ成り立っているのです。家族になって、生活できていることの感謝を忘れてはいけないと思うのです。

夫婦なので長く暮らしていれば、いろいろなことがあります。生活環境も育ちも違うし、完璧な人などこの世にいないと思うのです。私自身も完璧ではないので、自分の意見や価値観を押しつけたり、批判もしましたし、衝突した時期もありました。しかし歩み寄りと、相手を理解することは必要だし大事です。

なぜそれほどまでに腹が立つのか?
どこの部分で、怒りのスイッチが入るのか?
自分のことは、棚に上げてはいないか?
歩み寄る方法はないのか?
相手の長所をたくさん見つける事は出来ないか?
日頃の少しずつの歩み寄りが、大事かと思います。歩み寄れず、ほんとに嫌なら離婚するしかないですからね。

その方は育った頃に、お父様の説教で押しつけられた過去があり、ご主人ともめるたびに、亭主関白でいつも口論になってた、ご両親を思い出すそうです。旦那様に何か言われると、負けないように反発したくなる。ご自身を守るために戦ったということで、近くにいるお子様達が、夫婦喧嘩が始まると逃げるそうです。

『このままではいけないことは、よくわかってるのに』ぼそっとつぶやいた言葉が、印象的でした。

まずは、ご主人様の良いところ探しから始める事を、ご提案しました。


家族が元気で、つつがなく何不自由なく暮らせるのは、旦那様が働いてくれてるから。
当たり前ではなくまずは感謝だと思います。旦那様を褒めてあげると、生涯の年収も何百万、何千万と大きく変わるのは事実です。まずは、たくさんほめること。ありがとうの感謝を伝える事。これすごーく大事です。

私は子どもの前でも、パパのおかげで生活できていること。そして


いつも働いてくれてありがとう!

今でも言い続けています。プラスの言葉を発すれば、必ずプラスでかえってくると信じています。

まずは自分自身も、旦那様も、お子様も、沢山ほめましょう!



画像をアップロード

親子関係・母親のためのメンタルカウンセリング

子供といえど一人の個性。親子のコミュニケーションや子育ての悩みは様々です。親子の問題に特化したメンタルカウンセリングをご提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

子どもの習い事

次の記事

嫁の仕事