結婚させたい母

60代のお母さまから、娘に会って結婚を勧めて欲しいとの事でした。
その方には30代のお嬢様がいて、実家から出て一人暮らしをしていて、仕事もあり立派に独立されています。
これ以上何も望むことはないと思うのですが、そばで見ていないので、状況が分からないから不安だというのです。

結婚はするべき

年頃だから、結婚はするべきとの考えで、親戚の手前と世間体と、若いうちに結婚させたいとの母心だと言われるのです。
もし、子供が生みたければ、早く結婚した方が体が楽だからとまで考えるそうです。また、孫が見たいという気持ちもあるようです。

結婚は義務

結婚は、本人の自由だと思いますし、義務ではないのです。
ご本人に結婚の意思があれば、相手を探すとの話になりますが、その気もなく説得の仕様がありません。
そして結婚は個人の問題で、お嬢様の人生ですから、親の希望と違っていても当たり前と思うのです。
毎日仕事をして一人で暮らし、プライベートも充実しているならば、それはとっても幸せな事です。
親が何も言うことではないと思います。

我が家にも娘はいますが、したければするでしょうし、したくなければそれでよし。
プライベートは、干渉しません。
せっかくこの世に生まれてきたのですから、本人が好きな人生を送らせてあげたいと思っています。

世の中のお母さまの中には、たまにしか会わない親戚や、友達から言われる

娘は(息子)は結婚したの?

という質問はすごく嫌だそうです。

本人が望む幸せが基準で良いし、結婚が全てではないと思います。

画像をアップロード

子供の特性を掴むパーソナルシード診断

パーソナルシードは古来から伝わる帝王学のデータを元に『個の種』である特性 を導き出したものです。パーソナルシードを知ることで、自分はもちろん、仕事や家庭など周りの人の特性を掴むことができ、スムーズに人生を切り開くことが可能となります。