分かりやすい陰口

私が以前体験したことですが
20代の頃に初めて配属された職場でのことです。

その当時
オールドミスと思っていた大御所の方々が沢山いまして・・・・・。
私もその年に近くなりましたが、その時はかなり怖かったのです。

右も左もわからず、人の名前
システムや、物の場所を覚える事が精いっぱいで
動作が遅くなりました。

教えて頂くのでメモを取るのですが
早口で書ききれず聞き返すと

「さっき言ったでしょ。一度言ったよね!」

と言われ聞くこともできず。
仕事を進めたいけど
このまま続けて間違えてたらと不安になります。

金銭事故になることもあり
お客様に迷惑かかるので
仕事を覚えたいのに、
なかなか覚えられない。

怖い先輩の前だと
緊張して要領よく質問できなかったりで
余計に怒られたりしました。

一番悔しかったのは
このまま進めてよいと指示を受けたのに
いざ受けたら
違っていたと責任を取らされたことです。

その他にも理不尽にミスを押し付けられて
上司も状況を把握せずに
ひたすら沢山の社員の前で
怒られた記憶があります。

どこの職場にも、きつい言い方や
面倒見の良くない方は、いらしゃるとは思うのですが
本人がいる前での
分かりやすい陰口をされた時には、本当に驚きました。

成人している大人の女性で
これだけ年を重ねても
こういう陰口が出来るんだと衝撃でした。
私はこうはならないと心に決めましたが
かなり長いこと続きました。

仕事が出来ないとか、覚えが悪いとか
こんなことも知らないとか
わざとミスを誘発させられたり。

行動をいつも観察し見られていて、指示をされ
揚げ足を取り、上司に告げ口されたり。

上司も、その場に長くいる大御所たちは面倒なので
敵には回したくなくて言いなりでした。
みんなでご機嫌を取って
仲良く仕事をしてもらおうとなだめてましたが
改善されません。

一種の弱い者いじめです。
若いことが気に入らないのか
何がカンに障るのかは、一切わからないのです。

そのうち、仕事を覚え成果が上がり
数字と実績が取れるようになると
文句を言われることは減るのですが
やはり機嫌は悪かったです。

陰口を大声で言っている時
相手の人相が悪かったことは
今でも忘れません。

きれいな言葉を発した豊かな表情でなく
醜い姿でした。
交わりたくないと思った瞬間です。

相手を変えることはできないし
相手の怒りのスイッチは分からないなら
最低限の接触にしようと思いました。

そして、自分だけは
最大限の誠を尽くそうと思ったのです。

  • 嘘偽りなく、何事にも誠意を込めて取り組む。
  • どんな人にも平等に区別せず付き合う事。
  • 人としての最低限のマナーと挨拶をする事。
  • 派閥には入らず自らの意見を持つ。
  • 自分の行いや、発した言葉を後から思い出し責めない。
  • あの時こうしてればと、くよくよ考えない。
  • いつまで同じことを考えず、ポジティブに気持ちを切り替える。
  • ネガティブな思考はしない。
  • いつまでもこの状況は続かず、終わりは来ると信じる事。



    今もご相談の中には
    同じような状況で苦しむ方が
    実際に多くいることは事実です。

    女性特有の群がる習慣があるのも理解できますが
    お互いが気分良く過ごし
    心持ちがキレイでいたいものです。


    【真善美】

【真善美 優しさや愛、美しさ】

真 誠を尽くす、真実に生きる、偽りに状態
善 人の役に立つ、喜ばれる、感謝される
美 美しく生きる、美しいものに触れる、美しさを求める

まこと、優しさや愛、美しさを大事にしていけば、素敵な職場になるのにと思います。

気持ちが沈んでしまうとは思いますが
気持ちを強く持っていただき、打ち勝ってもらいたいです。

画像をアップロード

子供の特性を掴むパーソナルシード診断

パーソナルシードは古来から伝わる帝王学のデータを元に『個の種』である特性 を導き出したものです。パーソナルシードを知ることで、自分はもちろん、仕事や家庭など周りの人の特性を掴むことができ、スムーズに人生を切り開くことが可能となります。