マスクの中の表情

 コロナの影響もあり、マスクの着用が当たり前になりました。
そんな中で、マスクの中の表情が分からず怖いという声をお聞きします。
リモートでの仕事が増えたため、週に一度二度の出勤で、上司や同僚とのコミュニケーションが取りにくいとも言われます。たまにしか会わないので、マスクの中の表情が分からず、少しでも言葉がきつかったりすると、怒られているのかと思って気にしてしまうそうです。
 またzoomやSkypeで会議が多くなりました。会話のやり取りが、メールやチャットも増えるわけです。zoomの時は表情は分かるのですが、はっきり話そうとする事と、用件だけを手短に指示を出そうとするため、質問するタイミングや、聞き直すことを躊躇してしまい、上司に余計な気を使いすぎてしまうそうです。これを、メールでも一度質問しても大丈夫なのか、わからないことが恥ずかしいけど、分からないまま仕事も進められないとか。不慣れな事が続き、余計な神経を使わざる得ないのですが、ご自宅で仕事を一日中するわけですから息が詰まります。
 20代の女性でしたが、コロナ感染を防ぐための神経を使い、会社でのリモートと、たまに出勤によるコミュニケーションに悩み、うつかもしれないという事でした。出勤、リモートを繰り返し、久々に出勤が続いたときに、上司が何の言葉を発しても怖くなってしまい、会社のほうから心療内科を勧められたそうです。病院を勧められた事もショックだったようです。
 私はお医者様ではないので、話を聞くことで寄り添うのですが、ご本人は上司に嫌われてしまい、自分にだけきつく言われているように思ってしまっているみたいです。気にしないことが本来一番なのですが、家で一人で仕事をしている時間が長いと、話す相手もいないし、ストレス発散も出来ないし、同僚と会話や相談もしにくいし、すべてが重なってしまったと思われます。とても繊細な方で、嫌われたくないし、仕事が出来て、頼れる部下でありたいとの思いが強く見られました。
 仕事のことは、遠慮せずに質問はするべきだし、些細な事では嫌われることもないし、会話の端々を気にすることはないとお伝えしました。それ以外に、マスクの中の表情が気になるというのは、これからも先まだ続くと思われるし、いちいち顔色は気にしなくても、普通に仕事していれば大丈夫と思います。健康に気を使い、会社でのなれない勤務に気を使い、人とのコミュニケーション不足が増えて、意思の疎通が取りにくいと思いますが、本来明るい方なので元気になって頂きたいと切に思います。

画像をアップロード

子供の特性を掴むパーソナルシード診断

パーソナルシードは古来から伝わる帝王学のデータを元に『個の種』である特性 を導き出したものです。パーソナルシードを知ることで、自分はもちろん、仕事や家庭など周りの人の特性を掴むことができ、スムーズに人生を切り開くことが可能となります。