年金で生活する子供たち

 60代後半のご夫婦で、40才前後のお子さんが自立せずに家にいる方のお話です。
定年後使おうと、ご自分たちのためにと貯蓄していたのですが、息子と娘が働かずに当てにしているそうです。
年金の日も通帳と印鑑、キャシュカードを取られてしまい、勝手に引き出して使ってしまう。
毎月毎月この繰り返し。健康なのに、ただ働きたくないという理由で何もせず。
だらだと部屋で過ごし、買い物、洗濯、掃除、炊事、全て親任せ。
いつまでも楽にならないそうです。
 話を聞くだけでもお気の毒でしたが、まずは財産を守ることだと思います。
銀行窓口に行き、本人以外が引き出しできないように、通帳印鑑、キャシュカードを全てなくしたことにして、作り替えること。
あてにされても、心を鬼にして接することが大事だと思います。

そして、働かない子供たちに

  • 騒ごうが暴れようが、お金を与えないこと。
  • 自分で稼いできてもらう事。
  • 毅然とした態度で、接すること。
  • 掃除洗濯、買い物など家にいるのならば、手伝わせること。
  • いつまでも、親が面倒を見れないことを伝える事。

自立させたいのなら、そこは親も頑張りどころだと思います。
もっと早いうちに突き放し、働かせたかったとおっしゃってましたが、気が付いた時が良いきっかけと思います。いつまでも、家事が楽にならず、家族のために三食作り、気が抜けないし、お金も自由にならないもどかしさ。心穏やかな日は、一日もないと言われてました。
ご夫婦が、定年後の楽しみであった旅行や、食べ歩きなど、思う存分過ごせるように、心から応援したいと思ました。

画像をアップロード

子供の特性を掴むパーソナルシード診断

パーソナルシードは古来から伝わる帝王学のデータを元に『個の種』である特性 を導き出したものです。パーソナルシードを知ることで、自分はもちろん、仕事や家庭など周りの人の特性を掴むことができ、スムーズに人生を切り開くことが可能となります。