マウントをとる女たち

 仕事をしている女性からのご相談で多いのが、マウントをとる人への対処法です。
「マウントをとる」とは、優位に立ちたがり威圧的な態度をしたりすることで、自分が優れていることを相手にわからせるための傲慢さが出ます。
主に職場だと、雇い主と社員、正社員とパートやアルバイト、上司と部下、年齢違いの同僚、色々な組み合わせがあります。
男性は、パワハラやセクハラで問題になるのを避けるため、女性に対してかなり気を付けているようです。
マウントをとるというのは、女性のほうが多いのではないでしょうか。

マウントをとる心理としては

1 自分が正しいという思い込みが強い
2 自己肯定が強い
3 他人に認められたい
4 いつでも自分が優れていたい
5 自分中心な考え方
6 満たされていない感情を、他人にぶつける。
7 うらやましい裏返し
8 その場所での存在感を示したい

以上のような事が、主な原因かと思われます。

良く聞く話では

  • 自分のほうが優位であるかのように話をする。
  • きつい口調で命令する女性がいる。
  • その人の言葉がルールになっていて、苦痛で仕方がない。
  • あからさまな陰口。
  • 自分がいないと、職場が回らないという勘違い。
  • 自分は正しくて、相手は間違っていると主張する。
  • リーダーシップをとりたがる。
  • 自分の非は認めない。
  • 相手のせいにする。
  • 揚げ足をとる。
  • どんなことにも反論する。
  • 自慢話をする。
  • いつも他人を見下す。

人間なので、いつも穏やかで接し方を丁寧にというのは難しいのかもしれませんが、相手に不快を与えるのは良くないと思います。不快を与えているとも気が付かずにしているのであれば、本当にそれは残念な事。相手にした行いは、必ずまわりまわってご自分に返ってくると思われます。
嫌な思いをした時には、

  • なるべく聞き流すこと。
  • 同じ土俵に上がらない。
  • 反論しないこと。
  • またかと割り切り、気にせず穏やかで過ごすこと。
  • 出来るだけ関わらない。
  • 自分の話(プライベート)はしない。
  • 適当に聞いて、程よく褒める。

職場での派閥や、ママ友グループ、サークル活動、世代関係なくしゃしゃり出る人たち。満たされていないものが、出てしまうのかもしれません。
ご自分の姿に、気が付いていないことを残念に思います。

画像をアップロード

親子関係・母親のためのメンタルカウンセリング

子供といえど一人の個性。親子のコミュニケーションや子育ての悩みは様々です。親子の問題に特化したメンタルカウンセリングをご提供しています。