テレビの影響

最近はテレビを見ない方も
増えていますが
世代によっては
テレビの情報が
全て正しいと
思っている方も
多いと思います。

テレビ以外にも
インターネット
SNS
良いことも
悪いことも
情報量が多く
電車に乗っても
車両内で
町中の電光掲示板で。


ウイルスが流行り始めの時。
若い女性が
電車の中で隣の座席に
座られただけで
逃げ回るのを
何度か見かけました。

小さいお子さんたちも
マイナスな情報ばかりでは
必要以上に
怖くなってしまう。

情報もエネルギー!
マイナスな 
自分の心が
穏やかにならない
情報なら
受け取らない方が
良いかもしれない。

緊急速報やニュース。
必要な時に
見るなら良いけれど
ずーっと流しっぱなしは
疲れてしまう。

楽しい番組やアニメ
ドラマや映画を
気分転換に見るのは
外出自粛中は
ストレス発散になるけれど

脳や耳を休めるためにも
たまには
テレビを切ってみる事を
お勧めします。

私の親の世代は
大音量で
テレビを一日中付けている。

テレビはお友達で
テレビの情報は
間違いがないとのこと。

健康番組は
絶対見ていて
すぐ実行。

この世代は
テレビがないことは
考えられないみたいです。


自分に必要な情報を
集めて考えれる
若い世代の方も多いです。


これから生きるのに
自分にとって
何が大事かを
見極めること。

沢山の情報から
選んでいきたいと思います。





画像をアップロード

親子関係・母親のためのメンタルカウンセリング

子供といえど一人の個性。親子のコミュニケーションや子育ての悩みは様々です。親子の問題に特化したメンタルカウンセリングをご提供しています。