金融教育

以前より
気になっていた
金融教育!

これからの方に
お金の知識として
知っておいた方が
良いのかなと思います。

今までの成人年齢は
20歳でしたが
民法の改正で
4月1日から
18歳に引き下げられ
保護者の同意なしに
クレジットカードの契約や
住宅ローンを組むこともできるように。

保護者の同意を得ずに
結んだ契約を
取り消すことができる年齢が
18歳未満までとなるのです。

成人年齢の引き下げに合わせ、
文部科学省は
高校の学習指導要領を改訂。

トラブルに巻き込まれる
リスクを避けるため
2022年度の4月から
高校で
新しい学習指導要領が実施され
家庭科の授業の中で
「金融教育」が始まり
金融商品や
資産形成などを学ぶ事が
必修になるそうです。


お金の面で
責任を持って
行動するのに
「金融の仕組み」を
知ってもらう必要があるのです。

毎日過ごしていて
お金を持っていて
当たり前すぎて
親から教えてもらうことは
あまりないかと思います。

お小遣いや
お年玉
バイト代
お手伝いした代価など
お金の入り口は
人それぞれ。

他人との
お金の貸し借りや
クレジットカード作成での
年間手数料。
または車、住宅など
金利の高いローン。

ATMで
現金引き出したり
振込したり
お金が動くと
手数料がかかることなど。

細かい仕組みは
生活の知恵としては
大事と思います。

家庭科の時間の中で
生きるために
必要な知識を学ぶ!

一度どんなことを
教えているのか
覗いてみたいです。



  • 誰に相談したらいいのか分からない
  • 身近に相談できる人がいない
  • 自分でも何をどうしたらいいのか分からない
  • こんな状態を変えたい

モヤモヤと一人で悩んで、悪循環に陥ってはいないでしょうか?話をお聞きしながら、問題点を明確にし、一緒に考えてきます。


画像をアップロード

開運鑑定(運を開く)

自分の可能性を知って、自分にとっての開運法を良いタイミングで生かすことができれば、より早く自分らしい幸運を引き寄せることができるのです。
自分の意識の持ち方で、未来のシナリオをある程度改善することは可能です。