子どもへの接し方

いつもお会いする
ご夫婦そろってのご相談でした。

奥様はご主人に対して



子どもへの接し方を変えてほしい

とのことでした。

仕事から帰宅するなり
お子さん達に
事細かく怒るけど
子供達は嫌がって
聞かず逃げているので
たまには
褒めてあげてほしいとのこと。

すべて指示して
理屈っぽいから
それでは困ると
奥様はお話しされました。

ご主人様は


『そんなに言っていないのに』


と自覚がないようで
お子様3人と
ご主人の
パーソナルシードの
タイプをお調べし
どのように接したら
効果があるかを
お伝えしました。

ご主人様は
全部を
説明しないと
気が済まないタイプ

お子様は
用件のみを
感情的にならずに
諭してほしい

そして
自分にメリット 
デメリットがあるかを
知りたいタイプ

あまり長い話は
聞きたくないのです。

その後
ご夫婦に会ったときに


『子どもの状況を見てから、話をするようになった』

と奥様が言われてました。


お子様に向き合う姿が
とてもステキで
微笑ましかったです。

とても情熱的で
常にお子さんのために
考えてる
素敵なご夫婦でした。

画像をアップロード

親子関係・母親のためのメンタルカウンセリング

子供といえど一人の個性。親子のコミュニケーションや子育ての悩みは様々です。親子の問題に特化したメンタルカウンセリングをご提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

娘の彼氏