朝食

小さい頃から、
『朝食はしっかり食べなさい!
  元気になるから沢山食べなさい』
と育った私。

正直言って
食べたくない日もあり
無理矢理食べて行った日も
あったんです。

こんな大人になってから
人間ドックで
胃カメラ検査したら
お医者様に

『逆流性食道炎みたいな
 胃の形だから
 朝はすぐ食べたくないかも
 しれませんね〜』

と言われました。

だから食べたくなかったんだ〜〜と納得。
仕事行く前に食べて
ストレスで気持ち悪くなったり。
無理に詰め込み食べるから
便秘になったり。

本来なら食べる食べないは
自分で決めて良いと思うのです。

学校の給食も
残さないできっちり食べてたし
全部食べること
沢山食べることが美徳と
育った環境。

内臓も無理してたと、思います。

ご相談の中でも
体に良いもの食べてるのに
免疫力が上がらず
疲れやすいなどお聞きします。

そして朝食は必ず
しっかり食べなさいと
育った方も多いです。


ご自身のお子さんにも
親から習った通りに
子供が食べたくないと言っても
躾として
食べさせてる場合が多いです。

食べないと
元気にならないから
無理して食べてるかもと
言う方もいて
本当にお腹が空いてから食べる。
空腹の時に本当に
食べたいものを食べる。

毎日出来ていない場合が
多いのかもしれません。
育った食の影響は
大きいことを実感してます。

昔は給食を
最後まで残って
掃除の時間まで食べたくないけど
食べさせられてたとか。

ご相談の中でも
お子様の給食を食べたくなくて
学校行きたくないとかも
お聞きします。

給食が嫌なら
親御さんは
ご面倒かもしれませんが
お弁当でも良いわけで。
アレルギーがあって
食べれない方もいるので
食べる食べないは
本来は自由だと思ってます。

育った頃の環境で

  • キチンと食べなさい
  • 食べ物を残さない事
  • 食事中の行儀が悪く、良く怒られた
  • 親がとにかく量を勧める
  • 残すともったいないから食べる
  • 親が残すと怒るし、がっかりするので顔色を見ていた
  • 家族の食事で怒られた記憶が多い
  • 食べたくない物を無理に食べた
  • 美味しく食べた経験がない
  • 好きな食べ物を選べなかった
  • 体に良いからと食べたが、体質に合わなかった

いくら美味しい食べ物が
目の前にあっても
ステキなシチュエーションでも
その時の体調や
昔の記憶が出てきたり
食べれない状況だってあると思います。


幼少期のトラウマが
アレルギーの原因もあるようです。

仲間や仕事の会食で
なんとなく付き合いで
食べたり飲んだり。

緊張しながら
しゃべりながら
とりあえず食べる。
量を食べる事で
お腹いっぱいが幸せと思ってる。

本来は
本当に食べたい物を食べてれば
少量でも
満たされてるはずです。

人によってそれぞれですが
自分の身体に
本当に何が食べたいか
聞いてみるのも良いかなって
思います。

画像をアップロード

親子関係・母親のためのメンタルカウンセリング

子供といえど一人の個性。親子のコミュニケーションや子育ての悩みは様々です。親子の問題に特化したメンタルカウンセリングをご提供しています。

前の記事

ジーバーイーツ

次の記事

親ガチャ