余命あと・・・

余命あとどのくらいと言われたら
皆さんはどう考え
どう過ごしますか?

初めて
この言葉を聞いたのは
父が闘病中の
病院の先生からでした。

父はとにかく
家に帰りたがっていましたが
ICUに入っていて
帰れずに
最後まで過ごしました。

最初は
『あれが食べたい。 これが欲しい。』
といろいろ言えたので
最大限の要望は応えようと
看病しましたが
段々と体力がなくなってきて。

本人は
欲よりも最後は
人が
お見舞いに来てくれたことが
嬉しかったようです。

これを
今の私に置き換えると
今日という日が
一番若いわけで・・・。

会いたい人には
会いに行き
やりたいことは
お金と時間を使っても
やってみて
行きたいところには
自由に行く。

この間まで元気だったのに
急に別れが来てしまった
祖父母や友人、知人。
何があってもおかしくない。

沢山の物も
お金も持ってはいけないし
最後に
大事なのは
家族や会いたい人に会えて
満たされてたか?
自分の心は
楽しかったか?

今ある現状で
心身ともに健康な事と
家族が元気な事に
感謝と共に
自分の人生で
思い残しの無いように
過ごしたい。

そして
私が生きて
一人でも多くの方が
笑顔で過ごせるように
人様のお役に
立てればうれしいです。




画像をアップロード

開運鑑定(運を開く)

自分の可能性を知って、自分にとっての開運法を良いタイミングで生かすことができれば、より早く自分らしい幸運を引き寄せることができるのです。
自分の意識の持ち方で、未来のシナリオをある程度改善することは可能です。