付き合い始めの頃はわからなかったが、結婚後に、お互いの性格や育ちの違いに気付き、価値観のずれを感じ始めます。私自身も、夫婦間で喧嘩しては話し合いの繰り返しで、今に至っております。

  • 夫といるといつもイライラする。
  • やることすべてが、気に入らない。
  • 話がかみあわない
  • 夫婦喧嘩が多くなった
  • 以前(結婚前)と態度が違う

お互いの言い分はそれぞれあると思います。付き合いが長くなればなるほど、相手に求めるものも多くなってしまうものです。

なんでこんなこともやってくれないの?」「なんでもっと気持ちをわかってくれないの?」などと相手に期待する分、自分の思い通りにしてくれないとマイナスの感情を持ってしまいます。

そして、毎日生活していると、悪いところばかり見えてきてなかなか長所が見つけにくくなっていきます。そこを、いい意味で相手に何も期待せず、良い部分を探し、相手を見てみるようにしてほしいのです。

離婚する夫婦の離婚理由第一位は「性格の不一致」です。そして「価値観の違い」と言ってもいいかもしれません。価値観が違うからこそ、夫婦喧嘩にもなりますし、一緒にいることが苦痛に感じられたりします。

しかし、そこは違う人間同士が結婚しているわけですから、価値観は違って当たり前です。違う価値観をもった人と一緒にいるからこそ、一人では気付けなかったことにも気付けますし、いろいろな体験もできるようになります。

合わない二人だからこそ一緒にいる意味がある」と考えるようにすれば、夫婦関係も改善していけるのではと思ってます。それでも、夫婦間のストレスが日常にあり、気持ちに余裕が持てない場合には、ご自分の中のどの部分が許せないのかを、一緒に探していければと思います。

夫婦関係の3段階

対話が減った・喧嘩が増えた

まだ喧嘩できるなら、そこまで深刻ではありません。
ただ感情のすれ違いをそのままぶつけ合うだけだと、次第に状況は悪化します。

うんざりしている

「喧嘩しても意味がないし、相手にしたくない」とうんざりしている段階です。
コミュニケーション量も激減するので、より険悪さが増していきます。

生理的に無理という

存在がイヤ。例えば夫が浮気すると、一気にこの関係性になることも。対話も喧嘩するのも嫌なので、一緒にいることが苦痛に感じられます。3段階のどのあたりで、今後どのように過ごしていかれたいのか、今の心情をお尋ねします。

毎日一人で頑張りすぎていませんか?

  • 誰に相談したらいいのか分からない
  • 身近に相談できる人がいない
  • 自分でも何をどうしたらいいのか分からない
  • こんな状態を変えたい

モヤモヤと一人で悩んで、悪循環に陥ってはいないでしょうか?話をお聞きしながら、問題点を明確にし、一緒に考えてきます。